BLOG【高卒ニートからフリーランスへ】”たっちゃん”という男【独占インタビュー】

コペイ
  1. HOME
  2. ブログ
  3. フロントエンド
  4. 【高卒ニートからフリーランスへ】”たっちゃん”という男【独占インタビュー】

最近コスメに興味を持ちやメンズメイクを覚え始めたアラサーのコペイ(@kopey44)です。

お待たせしました!!!

待望のロングインタビュー!!!

今回はDOCTYPEの中でも毒舌な愛されキャラである「たっちゃん」(@tacyan1009)の知られざる過去から、現在に至るまでの軌跡を根掘り葉掘りコペイが聞いちゃうよ!!!

目次

  1. ”たっちゃん”という男
    1. プロフィール
    2. 高校からのニート時代
    3. そしてフリーランスへ
    4. フリーランスになって
    5. フリーランスになりたい方へ
  2. 最後に

”たっちゃん”という男

プロフィール

  • 鈴木達也
  • 1993/6/20
  • 双子座
  • マークアップエンジニアとしてECサイトの運用チームで1年半会社員 2019/07からフロントでフリーランス
  • Vue / Nuxt / typescript / React / Next
  • アニメ / ゲーム / ボルダリング/ねこねこのねこ

週末の喧騒の中赤提灯が照らすある飲み屋にて2人の座談会は行われた。。。

高校からのニート時代

早速なんだけど、高校卒業後就職してないんだよね?なぜ?

(こいつ、いきなりストレートに聞きやがって…
デリカシーのかけらもねぇ…)

そうだね。
やりたいことが無かったっていうのと、その時の経歴的に入れる会社っていうのが、工場や不動産の営業。
だったらバイトでいいじゃん。ってなったんだよね。

なるほど、どれくらいやってたの?

23歳までの5年間かな

5年!?
長かったバイト生活からなぜ就職しようと?

(いちいちリアクションがウゼェな)

ある日突然、将来に不安を抱いたんだよね笑
23歳でバイトはヤベェ、、、って

確かに、でもなぜエンジニアへ?

自分は時間じゃなくて成果に対して、それに見合った給与が欲しかったんだよね。できるなら高給、できないなら低賃金でいいって思ってたんだよ。
その時に、自分の親父がエンジニアをしていたのを思い出して、エンジニアはスキルに見合った給与を努力次第で上げることができる。そして働き方もフリーランスという働き方がある。っていうのを思い出したんだよね。

じゃぁ最初はスクールに通ってコーダーとか?

いや、インフラ(笑)

え?そうだったの?

とりあえず、ITというものを全くわかっていなかったから、SESに入社して、すぐに仕事貰えるインフラの下積みとして、システムの監視業務をやっていたね。
その時に、LinuxやWindowsサーバーを知れたって感じかな。
監視業務はさほど忙しくないから、上長の許可とって自分のPC持ち込んで監視の片手間に勉強してた(笑)
その1年半後、元々やりたかったWEB業界へ転職したかな。

そしてフリーランスへ

そこですーちゃんと同じ会社ってことか!
でも1年くらいしかいなかったよね?

そうだね。
フリーランスになったのはたまたまなんだよね(笑)
自分の向上心とか人柄をみてくれた先輩からフリーランスに誘われたんだよね。

フリーランスに誘われるって何!?

先にフリーランスとして独立してた先輩から、
『一緒に仕事やらない?会社じゃなくて個人との契約になるんだけど』
って言われて、「やりたい」って気持ちが強くなったからフリーランスになったんだよね。
会社でもReactとか使ってたから当時は謎の自信もあったし、マークアップの仕事もある程度テンプレがあったから成長が感じれなくなったっていうのもある。
教育担当もやってたから、人の入れ替わりが多くてそこにコストかかって自己学習の時間がほとんど取れてなかったしね。
次のステップアップするのに丁度いいと思ったんだよ

フリーランスになった直後はどうだった?
理想と現実や、自分が思い描いていた仕事はできた?

大方予想していた通りかな。
勉強もできる環境を選んでたから、収入も爆発的な伸びはない。けど、外部の人間だからこその意見できる場面が意外と多くて、「この仕事がなくなったら給与ゼロだ」っていう、請負っている重みを感じて受け身じゃない仕事ができたのは良かったかな。

予想通りだったんだw
ギャップなかったの?

フリーになる前に、先輩から何の言語を使うかとか、雰囲気を聞いていたからギャップなくできたかな。
フリーになる時に勉強したのがVue.jsだね
前職でReactも使ってたおかげもあって、すんなり入ってきたよ。

ギャップなしと言いつつも、苦労したことはあるでしょ?

強いて言えば、LPを作ってる時って外部通信とかないからそこの詳細は知らなくて勉強したよ。
でも、ここで監視の時の知識や、マークアップの時のフロントが理解できていたから、飲み込みは早かったと思う。
その間の知識が足りないのは、分かってたからピンポイントで学習できたからね。

それでも、慣れるまでは時間がかかったでしょ?
スケジュール的にもキツくは無かった?

1ヶ月くらいかな。
いい環境だったっていうのもあるけど、定時で帰るようにしてた。その後夜中まで勉強して、予習してって仕事してたから疲労はしたけど、楽しかったよ。
MTGとかスケジュール調整とかデザインのやりとりとか全部任せてもらえてたんだけど、残業でどうにかするんじゃなくてバッファ込で現実的な工数で作業調整するのもそこで学んだね。

フリーランスになって

フリーランス生活で一番しんどかったことは?

案件が突然終了した時(笑)

え!?そんなことあるの?

常駐型のフリーランスで安定って思ってたけど、当日突然その案件がポシャって仕事なくなった(笑)
突然収入0w
1ヶ月収入ないとかはあったよw

笑顔の裏にそんな大変なことがあったのか、、、

案件が消える時って1ヶ月前に言ってくれないからねw
当日突然ポシャる。

だから、メインの案件の他にサブで案件をいくつか受けていた方がいいって思ったね。

投資みたいだねw

それに、その案件に依存して、中身よく知らないけど動いてるみたいな中途半端な勉強だと辛い。
ちゃんと理解して勉強してかなきゃかな。
企業の中ならそのやり方で続けることは成り立つ。
けど常駐フリーランスみたいな現場がコロコロ変わる仕事だと、ここではこうだったけど、他に行ったら全然違くて全く使い物に成らなかった、なんてことはザラにある。
だから常に予習、勉強は必要。

ここは苦労するポイントかも。そもそもエンジニアってそういう仕事だと思うし。
いいポイントとしてはスキルアップして自分の市場価値が会社員の時より見えやすいことかな。

フリーランスめちゃ大変。。。でも、
会社員は良い意味でも悪い意味でも囲われてるからね。
囲われてる恩恵はかなりあると、会社員時代に感じてた。
けどその企業の外にでたら、人ひとりとしての市場価値はあるのかは難しい。
生産性を追い求めたテンプレやマニュアルの中でしか生きられない可能性もある。
その分フリーランスはいろんな案件に携わることができて、広く自分の知見とスキルを付けていくことができるね。

案件を変える事でメリハリがつくしね!

でも、フリーランスってプライベートとのメリハリ付けるの難しそう、、、

忙しい時って、必死にインプット/アウトプットしてるから他の感情が消える(爆)
むしろ高みに行けて最高!
余裕ができたらそのスキル、仕事は頭打ちだと思う!
もちろん切り替えも大事だから、遊ぶ時は遊んでるよ!

たっちゃんのような向上心マインドを強く持つことが大切やな!
次のたっちゃんのステップはある?

今はバックエンドもやりたいかな!
とりあえずスキルを伸ばすことが今は楽しいから。
ゆくゆくはディレクター層で仕事したいとは思ってるけど
いろんな案件経験して思ったのは、知識があるPM、ディレクションがかなり重要だということ。
営業と同じディレクターはいらない。
上手く折衝できてないパターンを多く見る。

フリーランスになりたい方へ

さて、最後にフリーランスになりたい人
これからエンジニアになろうとしている人へ一言ありますか?

とりあえず、”動く”ことが大事。

”動く”とは?

とりあえずやるって2種類あると思っていて、
1、なんか分からないけど、流行ってるし、とりあえずやってみよう
2、色々調べて、話を聞く、取捨選択した上で、今はこれしかないからとりあえずやってみよう


今のスクールはこの1のパターンが多くて、大体失敗する。
そしてフリーランスにも当てはまる。
とりあえずフリーランスになろうは失敗する。

ネットを探したり今はSNSもあるから人と経験者と話す機会も作って、それを自分で精査して目標やゴールを設定することが大切。
もちろん、ゴールを設定するなんて難しいかも知れないけど、情報を精査して落とし込むことはできる。
それすらやらない、人やフリーランスになる事に憧れてる人は今フリーランスになるべきじゃない。


ある程度のゴールを決めて、逆算して”動く”ことが大切

最後はかなり辛辣な言葉でしたが、現役フリーランスエンジニアの言葉としてはかなり貴重な物になりました!
コペイにもグサグサ刺さりました。。。(笑)
今日はありがとう!

コペさん、二軒目早く行こwww

おうwww

こうして2人は繁華街へと消えていった。。。

最後に

今回はフリーランスになりたい、なろうとしている人

これからエンジニアになろうとしている人

にかなり有益な情報になったのではないでしょうか?

また、誰かインタビューしよーっと